Login
RSS Feed

銀行にお金を借りることを考えている方へ!

お金に困った時に、安心感や融資までのスピード、金利の面などから銀行からお金を借りる&銀行のカードローンを利用したい!と借入先候補に「銀行」を考える方は多いと聞きます。
確かに消費者金融などノンバンクよりも金利は低めの傾向にありますし、「銀行」であれば金融機関からお金を借りるのは初めて、という方でも安心して借りることができます。また、銀行の融資審査は、時間がかかる、というイメージを未だお持ちの方もいるかもしれませんが、カードローンであれば消費者金融並にスピーディーに審査を行い、条件が合えば当日融資も可能にする銀行も増えてきているので、すぐにお金が必要、今日明日中に融資を受けたい、という時にも頼りになります。
ですが、「銀行カードローン」ならどれも同じではありません。例えば、金利でいえば、確かにノンバンクよりも概ね低めの設定になっていますが、上限金利は消費者金融並みの法定金利ギリギリ、という銀行カードローンも存在します。そのため、よく確認せずに申込み「銀行のカードローンだから低金利だと思っていたのに意外と高い!」と契約の段階や利用後に気づかれる方も少なからずおられるようです。
審査に通り無事お金を借りることができたのは良かったけれど「もっと金利の低いカードローンを選べば良かった」と後悔しないためには事前リサーチが大切です。申込み先を選ぶ際は、希望額借りることができた場合いくらの金利がつくのか?しっかり借金返済も確認しましょう。

消費者金融ランキング7位は楽天のカードローン

人気ランキング7は……楽天銀行のカードローン!
ポイント1 収入証明書の提出が原則不要になりました。
*個人事業主および法人代表者の方は必要となります。
*審査の結果、限度額200万円以下の場合でも提出する場合もあります。
ステップ1 楽天銀行のHPにアクセスし、項目に入力します。
ローン審査開始!申し込み完了から最短当日に審査結果をメールで案内
ステップ2 勤務先の在籍確認を連絡してもらい、契約の確認
ステップ3 必要な書類を提出。郵送以外に証明書類送付アプリも使えます。
ステップ4 スーパーローンカードを発行
ステップ5 口座振替依頼書類を返送。楽天銀行口座情報を引き継いで申し込みをされた方は不要です。
・入会で楽天スーパーポイント1000ポイントもらえます!
楽天スーパーポイントとは……貯まる、使える、交換できる!
便利なポイントサービスです。
・100円で1ポイント
・1ポイントは1円相当
・ANAマイルなど便利にポイントが交換できます
・おまとめとしても利用可能です
最大限度額500万円まで、おまとめが可能です。
おまとめをすると、毎月の返済計画も立てやすくなりますよ。
*利用限度額および借入れ利率は、審査の結果に応じて決定されます。
・楽天銀行は安心の低金利で提供しています。
年率 4.9%〜14.5%
*利用限度額に応じて楽天銀行の所定の借入れ利率の範囲内での設定になります。
500万円:年4.9%〜7.8%
350万円以上500万円未満:年4.9%〜8.9%
300万円以上350万円未満:年4.9%〜12.5%
200万円以上300万円未満:年6.9%〜14.5%
100万円以上200万円未満:年9.6%〜14.5%
10万円以上100万円未満:年14.5%
アコムの即日融資

カードローンの審査ってなに?

カードローンについて調べているとよく出てくる単語のひとつに「審査」というものがあります。この審査とは、キャッシング会社に申し込みをした後に、契約希望者が受けるものになります。
審査、と聞くとなんとなく試験のような難しいものを想像しませんか?
ですが、フリーローンの審査には何も難しいことはないのでご安心ください。
カードローンのいうところの審査とは、「お金を貸すにあたって信用のおける人物かどうか」、要は「返済をきちんとしてもらえそうか」といったものになります。
キャッシング会社もお客様に返済をしてもらえないことには利益にならずに困ってしまいますから、この審査を設けている訳ですね。
どのような点で審査されるかといいますと、やはりキャッシング会社ごとに基準など差異はありますが、主に「安定した収入があるか」・「勤続年数はどれほどか」・「これまでにキャッシングの利用はあるのか。あるとしたらその際に問題は起こしていないか」などです。
通常ですと、カードローンの返済は毎月定期的に返済をおこなう形になりますので、毎月コンスタントに収入がある方が好まれます。そのために、たとえばまだ働きはじめたばかりですと、仕事を辞めてしまう可能性が高いのではないかといった不安要素になってしまいます。
これらの審査は、申し込みを済ませた後にキャッシング会社がおこなってくれますので、契約希望者は結果が出るのを待つ形になります。
最短30分ほどで結果が出るところが多く、審査に通過されますと、正式に契約を結びキャッシングの利用ができるようになります。

貸金業法の総量規制とは

貸金業法には総量規制があります。
個人が貸金業から借り入れることができる金額に制限を持っている法律です。
本人の年収の3分の1が上限と決められていますのでそれ以上の借り入れはできません。
貸金業法によるものになりますので、貸金業だけに限られた法律です。
消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠が対象になりますが、銀行やクレジットカードのショッピング枠は関係ありません。
総量規制は個人が借り入れをするときの返済が困難になる金額を制限しています。
年収の3分の1といえば十分な借り入れ金額です。
付の給料が10万円のアルバイトで、年収が120万円となれば40万円が上限になります。
もちろん返済は一括ではなく月々行っていくことになるでしょう。
そうなると10万円の給料の中から毎月返済に回せる金額はどのくらいになるのか考えてみれば2万円ほどがせいぜいであることが想像できます。
総量規制によって決められた上限が40万円だったとしても月に2万円の返済と利息を考えてもその返済期間はかなり長期化することがわかります。
考えている以上に40万円という借り入れは困難を強いるものです。
総量規制によって借り入れ金額に制限があること欠点に感じるかもしれません。
しかしこのようにして返済ができる能力を考えてみると安易に決められた上限ではないこともわかってきます。
年収を証明するためにある一定のラインになると収入証明書類を提出することが義務付けられています。