Login
RSS Feed

カードローンの審査ってなに?

カードローンについて調べているとよく出てくる単語のひとつに「審査」というものがあります。この審査とは、キャッシング会社に申し込みをした後に、契約希望者が受けるものになります。
審査、と聞くとなんとなく試験のような難しいものを想像しませんか?
ですが、フリーローンの審査には何も難しいことはないのでご安心ください。
カードローンのいうところの審査とは、「お金を貸すにあたって信用のおける人物かどうか」、要は「返済をきちんとしてもらえそうか」といったものになります。
キャッシング会社もお客様に返済をしてもらえないことには利益にならずに困ってしまいますから、この審査を設けている訳ですね。
どのような点で審査されるかといいますと、やはりキャッシング会社ごとに基準など差異はありますが、主に「安定した収入があるか」・「勤続年数はどれほどか」・「これまでにキャッシングの利用はあるのか。あるとしたらその際に問題は起こしていないか」などです。
通常ですと、カードローンの返済は毎月定期的に返済をおこなう形になりますので、毎月コンスタントに収入がある方が好まれます。そのために、たとえばまだ働きはじめたばかりですと、仕事を辞めてしまう可能性が高いのではないかといった不安要素になってしまいます。
これらの審査は、申し込みを済ませた後にキャッシング会社がおこなってくれますので、契約希望者は結果が出るのを待つ形になります。
最短30分ほどで結果が出るところが多く、審査に通過されますと、正式に契約を結びキャッシングの利用ができるようになります。

貸金業法の総量規制とは

貸金業法には総量規制があります。
個人が貸金業から借り入れることができる金額に制限を持っている法律です。
本人の年収の3分の1が上限と決められていますのでそれ以上の借り入れはできません。
貸金業法によるものになりますので、貸金業だけに限られた法律です。
消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠が対象になりますが、銀行やクレジットカードのショッピング枠は関係ありません。
総量規制は個人が借り入れをするときの返済が困難になる金額を制限しています。
年収の3分の1といえば十分な借り入れ金額です。
付の給料が10万円のアルバイトで、年収が120万円となれば40万円が上限になります。
もちろん返済は一括ではなく月々行っていくことになるでしょう。
そうなると10万円の給料の中から毎月返済に回せる金額はどのくらいになるのか考えてみれば2万円ほどがせいぜいであることが想像できます。
総量規制によって決められた上限が40万円だったとしても月に2万円の返済と利息を考えてもその返済期間はかなり長期化することがわかります。
考えている以上に40万円という借り入れは困難を強いるものです。
総量規制によって借り入れ金額に制限があること欠点に感じるかもしれません。
しかしこのようにして返済ができる能力を考えてみると安易に決められた上限ではないこともわかってきます。
年収を証明するためにある一定のラインになると収入証明書類を提出することが義務付けられています。