Login
RSS Feed

貸金業法の総量規制とは

貸金業法には総量規制があります。
個人が貸金業から借り入れることができる金額に制限を持っている法律です。
本人の年収の3分の1が上限と決められていますのでそれ以上の借り入れはできません。
貸金業法によるものになりますので、貸金業だけに限られた法律です。
消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠が対象になりますが、銀行やクレジットカードのショッピング枠は関係ありません。
総量規制は個人が借り入れをするときの返済が困難になる金額を制限しています。
年収の3分の1といえば十分な借り入れ金額です。
付の給料が10万円のアルバイトで、年収が120万円となれば40万円が上限になります。
もちろん返済は一括ではなく月々行っていくことになるでしょう。
そうなると10万円の給料の中から毎月返済に回せる金額はどのくらいになるのか考えてみれば2万円ほどがせいぜいであることが想像できます。
総量規制によって決められた上限が40万円だったとしても月に2万円の返済と利息を考えてもその返済期間はかなり長期化することがわかります。
考えている以上に40万円という借り入れは困難を強いるものです。
総量規制によって借り入れ金額に制限があること欠点に感じるかもしれません。
しかしこのようにして返済ができる能力を考えてみると安易に決められた上限ではないこともわかってきます。
年収を証明するためにある一定のラインになると収入証明書類を提出することが義務付けられています。